ニュース
» 2020年01月30日 07時00分 公開

FAニュース:複数ロボットを一括管理できる管理システム、工場内ロボットの集中監視を実現

セイコーエプソンは、製造ラインで複数のエプソン製ロボットを一括管理できる「ロボット管理システム」を開発した。PCやタブレット端末で、工場内の産業用ロボットの集中監視などができる。

[MONOist]

 セイコーエプソンは2019年12月16日、PCやタブレット端末を用いて、製造ラインで複数のエプソン製ロボットを一括管理できる「ロボット管理システム(Epson Robot Management System)」を開発したと発表した。

 ロボット管理システムは、工場内の産業用ロボットの集中監視、ロボットの状態バックアップの取得、ファームウェア更新、動作プログラムの更新などがPCやタブレット端末を使って一括でできる。

キャプション ロボット管理システム(クリックで拡大) 出典:セイコーエプソン

 これまで産業用ロボットの導入後は、複数台のロボット1台1台を個別に監視し、プログラム設定などをする必要があった。そのため、定期的なバックアップやメンテナンス作業が煩雑で工数がかかっていた。また、トラブル発生時には、復旧までに時間や手間もかかっていた。ロボット管理システムは、これらの課題を解決し、現場作業の効率化を図る。

 今後は、ロボット管理システムに加え、IoT(モノのインターネット)の業界標準プロトコルOPC-UAへの準拠、AI(人工知能)を用いたロボット動作の効率化や故障予知システムなど、よりスマートなものづくり、工場運営をサポートするための開発、ソリューションを提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.