ニュース
» 2020年01月30日 09時00分 公開

製造ITニュース:工場の無線システムを安定稼働させるための技術仕様提供

フレキシブルファクトリパートナーアライアンスは、製造現場で使用される各種無線システムの安定化を図るために必要な通信規格の技術仕様を提供すると発表した。

[MONOist]

 フレキシブルファクトリパートナーアライアンスは2020年1月9日、製造現場で使用される各種無線システムの安定化を図るために必要な通信規格の技術仕様を提供すると発表した。

 同技術仕様は、情報通信研究機構が提案するSRF無線プラットフォームを規定として策定したもので、同プラットフォームは、さまざまな無線機器や設備を接続して、安定的に動作させるためのシステム構成だ。

 これを適用することで、マルチベンダーで構成されている工場のネットワークでも安定した無線通信が可能になる。このSRF無線プラットフォームの機能およびインタフェースを規定することで、世代や規格、メーカーなどが異なる無線システムを共存、協調できる仕組みを構築できる。

 今回同時に、同技術仕様を参照できるAdopter会員の募集も始める。また、2020年中頃をめどに認証プログラムを開始する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.