ニュース
» 2020年01月31日 09時00分 公開

製造ITニュース:コネクテッドカーのセキュリティ分野で富士通がUpstream Securityと協業

富士通は、Upstream Securityとコネクテッドカーのセキュリティ分野で協業することに合意した。両社はコネクテッドカーのためのセキュリティオペレーションセンター向けのソリューションを共同で開発する。

[MONOist]

 富士通は2020年1月16日、イスラエルのUpstream Securityと、コネクテッドカーのセキュリティ分野で協業することに合意したと発表した。

 Upstream Securityの自動車用サイバーセキュリティソリューション「Upstream C4」はクラウドベースで、自動車向けのセキュリティ脅威情報を配信する「AutoThreat Intelligence」により、コネクテッドカーやそれに関連するサービスをサイバー攻撃から保護できる。

 富士通は、同ソリューションをICTセキュリティオペレーションセンターやビッグデータ処理の技術と統合。これにより、両社はコネクテッドカー向けの車両およびオペレーションセンターの脅威を検知するセキュリティソリューションを共同で開発する。

 今後、2020年中に日本をはじめ、北アメリカ、ヨーロッパの各自動車メーカーや交通事業者向けに展開する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.