ニュース
» 2020年02月06日 07時00分 公開

FAニュース:OPC UA対応でデータ収集やエクスポート機能を強化したプラント情報管理システム

横河電機は、データ収集やエクスポート機能を大幅に強化したプラント情報管理システムの最新版「Exaquantum R3.20」を発売した。データ交換の標準規格「OPC UA」の対応強化などで、プラントの操業の改善に寄与する。

[MONOist]

 横河電機は2020年1月7日、データ収集やエクスポート機能を大幅に強化したプラント情報管理システムの最新版「Exaquantum(エグザカンタム)R3.20」を発売した。石油、天然ガス、化学、鉄鋼、電力、紙パルプ、水処理など、製造業全般に適用できる。

キャプション 「Exaquantum」の画面(クリックで拡大) 出典:横河電機

 Exaquantumは、大量のプラント情報を付加価値の高い有益な情報に変換することで、プロセス業界のデジタルトランスフォーメーションを支援するソフトウェアパッケージだ。Exaquantum R3.20では、データ交換の標準規格「OPC UA(Unified Architecture)」の対応を強化し、業務システムやデータ分析ツールとの効率的でセキュアなコミュニケーションを促進することで、プラントの操業の改善に寄与する。

 プラットフォームに依存せず、セキュアな通信アーキテクチャを利用するために、OPC UAに対応した産業オートメーション向けシステムやデバイスが増えている。これらのシステムやデバイスからの情報を利用するため、Exaquantum R3.20ではOPC UAへの対応を強化。センサーや複雑なシステム、業務アプリケーションなどの重層的な資産からセキュアにデータを収集できる。

 また、データ解析のニーズの高まりとデータ量の増加に対応するため、Excel Add-Inのクライアント機能を強化。一度に取り出すデータサイズを約16倍に拡大し、Excelを使った解析をしやすくするとともに、CSV形式ファイル出力時の操作性を向上させ、他の業務システムやツールとの連携を容易にした。

 さらに、Office 365、Microsoft SQL Server 2014 SP3への対応や、Exaquantumのクライアント機能がWindows 10 Pro、Enterprise SAC上で動作するように機能を強化。同社の統合生産制御システム「CENTUM VP R6.07」およびOPCインタフェースパッケージ「Exaopc R3.78」にも対応し、セキュリティの強化を図っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.