ニュース
» 2020年02月06日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:光造形方式3Dプリンタ用サポート自動設計機能を搭載したスライス処理ソフト

日本ユニシス・エクセリューションズは、3Dプリンタ用スライス処理ソフトウェア「AMmeister」の新バージョンを提供開始する。スライス処理機能の強化に加え、光造形方式向けのサポート自動設計機能を搭載する。

[MONOist]

 日本ユニシス・エクセリューションズは2020年1月20日、3Dプリンタ用スライス処理ソフトウェア「AMmeister(エーエムマイスター)」の新バージョン「Ver2」を発表した。同年2月に販売を開始し、3年間で100セットの販売を見込む。

 3つのパッケージを販売し、光造形用サポート自動設計の「AMmeister-SUPPORT-PKG」は年額100万円(税別)。スライス処理の「AMmeister-SLICE-PKG」、スライス処理および光造形用サポート自動設計の「AMmeister-SLA-PKG」は、AMmeisterに対応している3Dプリンタメーカー経由で販売する。

 Ver2は、スライス処理機能の強化に加え、光造形方式向けのサポート自動設計機能を搭載しており、サポート作成からスライス処理までの一連の工程を担う。サポート形状の作成パターンを絞ることで価格を抑え、さらにサブスクリプション方式の販売により、初期コストを抑えた導入が可能となる。

 CADインタフェースオプションはSTEP、IGES、CADmeisterに対応し、STLへ変換することなくスライスデータを作成できる。また、データ量の制限なくスライス処理が可能になり、大容量のデータでも分割することなく高精度な造形ができる。

 サポート自動作成機能は、サポートが必要な箇所の自動認識、ブロックの分割機能、抜き穴の作成機能などを備える。STLフォーマットでの出力に対応し、スライス機能を使わなくても単独で利用できる。造形後にサポート除去がしやすく、サポート形状不良に起因する造形失敗が減るため、オペレーターの負荷が軽減される。

キャプション サポート自動作成機能を搭載 出典:日本ユニシス・エクセリューションズ
キャプション サポート自動作成機能を搭載 出典:日本ユニシス・エクセリューションズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.