ニュース
» 2020年02月06日 08時00分 公開

人工知能ニュース:演算量を30分の1に圧縮、AIモデルの自動圧縮ソフトウェアを開発

モルフォとアラヤが業務提携契約を締結した。両社の技術を組み合わせて、AIモデルの自動圧縮ソフトウェア「Pressai」を共同開発する。

[MONOist]

 モルフォは2020年1月16日、アラヤと業務提携契約を締結したと発表した。AI(人工知能)モデルの自動圧縮ソフトウェア「Pressai(プレッサイ)」(CPU版)を共同開発し、同年3月に提供する。

photo キャプション,「Pressai」を使ったエッジAIイメージ(クリックで拡大) 出典:モルフォ

 Pressaiは、アラヤの圧縮技術とモルフォのディープラーニング推論エンジン「SoftNeuro」を組み合わせて、AIモデルのサイズを圧縮し、チップへの実装を自動化するソフトウェアだ。

 アラヤの技術は、元のモデルと同等の精度を維持しながらも、演算量を最大で約30分の1に圧縮可能で、画像認識などに利用する畳み込みニューラルネットワーク(CNN)の圧縮に適している。

 圧縮の後段では、CPU処理の最適化にモルフォのSoftNeuroを利用する。SoftNeuroは、画像認識だけでなく、音声認識やテキスト解析にも利用できる汎用推論エンジンで、さまざまなディープラーニングフレームワークを用いて学習した結果を活用し、多くの環境上で動作する。

 PressaiでAIモデルを圧縮し、実装工程を自動化することで、開発期間が短縮できる。また、自動車やモバイル機器、組み込み機器といったエッジデバイス上での推論処理を高速かつ低消費電力で実行可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.