ニュース
» 2020年02月12日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:ドローンにも搭載できる角度直接検出型の高精度ジャイロセンサー

東芝は、機器が回転する角度を直接検出できるジャイロセンサーの小型モジュールを開発した。無人搬送機やドローンなどの小型機器でも、高精度で応答性の高いジャイロセンサーを搭載した実証実験が可能になる。

[MONOist]

 東芝は2020年1月22日、機器が回転する角度を直接検出できるジャイロセンサーの小型モジュールを発表した。無人搬送機やドローンなどの小型機器でも、高精度で応答性の高いジャイロセンサーを搭載した実証実験が可能になる。

キャプション 角度直接検出型ジャイロセンサーモジュール 出典:東芝

 一般的なジャイロセンサーは、機器が回転する角速度を計測し、演算処理から角度を求めるため、応答速度や精度に課題があった。防衛や航空用に利用されるジャイロセンサーは高精度だがサイズが大きく、多くのコストを必要とする。

キャプション 従来との比較 出典:東芝

 同社は、角速度ではなく角度を直接検出する「RIG(Rate Integrating Gyroscope)」方式を採用し、MEMS技術を用いて小型のセンサー素子を作製。マイクロコントローラーから制御することで、大型の評価装置や専用の計測制御装置を必要としない5cm角の小型モジュールの開発に成功した。

 検出に用いる振動子は、温度変化にかかわらず対称性を保つ構造とし、さらに製造時の加工誤差を補正する技術を導入した。その結果、精度とドリフトの指標で、同モジュールが、同じMEMS技術を用いた民生機器用ジャイロセンサーの性能を上回ることが確認できた。

 同モジュールは無人搬送機やドローンなどに搭載可能なので、これらの小型機器でも軌道推定や姿勢制御などの実証実験ができるようになる。

キャプション ジャイロセンサー適用の想定市場 出典:東芝

 同社は、ジャイロセンサーの精度と応答性を改善するとともに、同ジャイロセンサーを搭載した慣性計測装置(IMU:Inertial Measurement Unit)の開発を進める。なお、小型モジュールのサンプル出荷は、2021年度以降を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.