ニュース
» 2020年02月13日 09時00分 公開

製造ITニュース:人の聴覚特性を模した、AI音分析のPoCパッケージを提供開始

スカイディスクは、人の聴覚特性を模したAI音分析「SkyAI for Sound」を用いて、AIモデル作成の実証実験期間を短縮できる簡易パッケージを提供開始した。従来1〜2カ月ほど要していたAIモデル作成を、1週間程度に短縮できる。

[MONOist]

 スカイディスクは2020年1月22日、人の聴覚特性を模したAI(人工知能)音分析「SkyAI for Sound(スカイエーアイ フォア サウンド)」を活用し、AIモデル作成の実証実験(PoC)期間を短縮できる簡易パッケージの提供を開始したと発表した。

 SkyAI for Soundは、製造業向けAIサービスの一部として、熟練工にしか聞き分けられない音の違いを捉え、官能検査を効率化するために開発された。特徴量作成や絞り込み、AI化技術を組み合わせ、従来の手法では捉えられなかった音の特徴を検出できる。また、音データの前処理に人が音の特性を理解する仕組みを利用しており、人の聴覚特性に近い判定を下すことができる。

キャプション 「SkyAI for Sound」を用いた音判定AI導入前後のイメージ(クリックで拡大) 出典:スカイディスク

 今回提供する簡易パッケージは、ユーザーが取得した音データとSkyAI for Soundを使用し、音判定AIを作成して精度検証するものだ。音データを基に正常・異常を判定させ、音判定AIの精度検証を実施する。これにより、従来1〜2カ月ほど要していた音データの特徴量抽出からAIモデル作成を、同パッケージでは1週間程度に短縮できる。

キャプション 「SkyAI for Sound」の機能イメージ(クリックで拡大) 出典:スカイディスク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.