ニュース
» 2020年02月14日 15時00分 公開

医療技術ニュース:液体のりの主成分を利用し、第5のがん治療法の効果を向上

東京工業大学は、液体のりの主成分をホウ素化合物に加えることで、ホウ素中性子捕捉療法の治療成果が大幅に向上することを発見した。マウスの皮下腫瘍に対する治療効果は、ほぼ根治レベルだった。

[MONOist]

 東京工業大学は2020年1月23日、液体のりの主成分「ポリビニルアルコール(PVA)」を、中性子捕捉療法用のホウ素化合物「ボロノフェニルアラニン(BPA)」に加えることで、治療成果が大幅に向上することを発見したと発表した。同大学化学生命科学研究所 教授の西山伸宏氏らの研究グループによるもので、マウスの皮下腫瘍に対する治療効果は、ほぼ根治に近いレベルだった。

 研究チームは、ホウ砂と液体のりから作るスライムと同様の化学反応(スライムの化学)を利用して、BPAにPVAを結合させたPVA-BPAを開発。BPAは、がん細胞上に多く発現するアミノ酸トランスポーターのLAT1を介して細胞に取り込まれるため、選択的にがんに集積する。一方、PVA-BPAは、細胞膜上のLAT1にくっついた後、エンドサイトーシスにより細胞に取り込まれる。

キャプション 今回開発したPVA-BPA(クリックで拡大) 出典:東京工業大学

 従来の手法では、BPAは細胞質に集積するのに対して、PVA-BPAは細胞内小器官のエンドソーム・リソソームに局在するようになり、がん細胞に取り込まれるホウ素量は約3倍に向上した。

 マウスの皮下腫瘍モデルを用いて、PVA-BPAのがんへの集積性を評価したところ、従来のBPAと同等以上の集積性、滞留性を示した。熱中性子を照射すると、ほぼ根治に近い効果を示した。

キャプション 腫瘍への集積性および滞留性(左)と中性子捕捉療法の効果(右)(クリックで拡大) 出典:東京工業大学

 ホウ素中性子捕捉療法は、従来の方法では治療が難しい再発性、多発性のがんに対しても有効で、免疫療法に続く、第5のがん治療法として期待されている。しかし、がん細胞へ選択的に集積できるものの、長期間がん細胞に滞留できないケースもあった。そのため、BPAのがん細胞における滞留性を高めることは、治療効果の向上につながると考えられている。

 研究チームは今後、BPAの臨床試験を行っているステラファーマの協力のもと、臨床応用を視野に入れて研究を進める予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.