ニュース
» 2020年02月14日 14時00分 公開

組み込み開発ニュース:IoT実証実験向け環境センサーボードのサンプル提供を開始

リコー電子デバイスは、IoTの実証実験など向けの環境センサーボード「RIOT-001」を発売する。温度や湿度、気圧、照度をエナジーハーベストでデータ収集できる。

[MONOist]

 リコー電子デバイスは2020年1月23日、IoT(モノのインターネット)の実証実験など向けの環境センサーボード「RIOT-001」を発売すると発表した。同日よりサンプル受注を開始し、1個購入時の参考価格は1万9800円となっている。

キャプション 環境センサーボード「RIOT-001」 出典:リコー電子デバイス

 RIOT-001は、温度や湿度、気圧、照度をモニターできるボードだ。これらの情報をBluetooth Low Energy(BLE)を用いて送信することで、専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットに情報を表示できる。

 搭載したエナジーハーベスト用の降圧DC-DCコンバーター「R1800」により、太陽電池からの電力を二次電池に充電することができる。また、昇降圧DC-DCコンバーター「RP604」により、MCUやBLE、センサーを動作させることで、スタンバイ、アクティブ動作ともに高効率で動作させられる。他に、低消費電力でバッテリーモニターアシスト機能を持つLDOレギュレーター「RP124」も搭載した。

 なお、RIOT-001と同時に専用のコイン電池ボード「RIOT-C01」もサンプル提供を開始。環境センサーボードに取り付ければ、約1年半にわたり、5秒間隔のBLE通信の稼働が可能だ。RIOT-C01の参考価格は、4980円(1個購入時)となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.