ニュース
» 2020年02月19日 09時00分 公開

製造ITニュース:製造現場とオフィスをリアルタイムに結ぶ、映像コミュニケーションサービス提供

東日本電信電話と田辺工業は連携して、製造、建設、インフラ業界の現場作業者と、オフィスや現場事務所など遠隔地にいる管理者、監督者、熟練者が映像と音声でリアルタイムにコミュニケーションできるサービスを提供する。

[MONOist]

 東日本電信電話(NTT東日本)は2020年1月27日、田辺工業と連携して、ウェアラブルカメラを活用した、映像コミュニケーションサービスの提供を開始すると発表した。製造、建設、インフラ業界の現場作業者と、オフィスや現場事務所など遠隔地の管理者、監督者、熟練者が、映像と音声でリアルタイムにコミュニケーションできる。

キャプション 全体イメージ 出典:NTT東日本

 同サービスは、ウェアラブルカメラやイヤフォンマイク、通信機器、視聴用タブレットなどのハードウェアと、通信回線やクラウドなどのインフラ環境、必要なソフトウェアといったサービス利用に必要な要素を一括で提供する。環境構築や保守もサービスに含まれる。

 使用されるウェアラブルカメラは、ヘルメットへの装着を前提とした軽量かつワイヤレス設計だ。ヘルメット装着時の映像のブレを可能な限り補正する機能を備える。カメラやイヤフォンマイクは防水仕様で、装着する通信機器類も専用ケースに格納することで、さまざまな環境の現場で利用できる。また、事前に必要な設定をしてから出荷されるため、ユーザー側での機器への設定作業は不要だ。

キャプション 機器装着イメージ(クリックで拡大) 出典:NTT東日本

 サービスの提供開始は、2020年度上期を予定。価格は未定で、一括購入およびリースでの提供を検討している。なお、同サービスの主なICT技術パートナーとして、ザクティ、沖電気工業、BONXが参画している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.