連載
» 2020年02月25日 10時00分 公開

AUTOSARの最新リリース「R19-11」とは(中編)AUTOSARを使いこなす(15)(3/4 ページ)

[櫻井剛,MONOist]

BSWモジュール群の改廃

 前回も述べましたように、アーキテクチャ面では、Bulk NvData Manager(BndM、Non-Volatile Data Handling Enhancements関連)やBasic Software Multicore Library(Bmc、BSW Multicore Distribution関連)という2つのBSWモジュールが追加されました。また、R4.4.0時点ですでにobsolete扱いとなっていたLIN Network Management(LinNm)が削除されています。なお、同様にobsoleteになっていたCP RS Featuresは今回削除されませんでした(いずれにしても、FO RS Mainや他のRS/SRSにその役割は引き継がれ、いずれ廃止されるはずです)。

 以下の表1〜5に、BSWモジュールなどのIDと略称、そして、R4.0.1以降の改廃履歴を一覧にしてみました(ヘッダファイルなどもIDと略称が設定されています)。廃止されたものなどもありますが、その数114個です。ちなみに、BSW仕様書を中心とするCP SWS文書数は、R3.2.3時点では58個、最新のR19-11時点(R4.5.0に相当)では110個ですから、R3.xの時代に比べてほぼ倍増していることになります。

表1 表1 CP R19-11のBSWモジュール一覧(Module ID順、1〜40)
表2 表2 CP R19-11のBSWモジュール一覧(Module ID順、42〜71)
表3 表3 CP R19-11のBSWモジュール一覧(Module ID順、73〜120)
表4 表4 CP R19-11のBSWモジュール一覧(Module ID順、121〜182)
表5 表5 CP R19-11のBSWモジュール一覧(Module ID順、183〜255)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.