ニュース
» 2020年02月25日 13時00分 公開

CADニュース:モノづくりの全工程で3D CADデータを活用できる3D CADソフトウェア発売

フォトロンは、3D CADソフトウェアの最新バージョン「図脳CAD3D V2」を発売した。意匠設計機能とサーフェスモデリング機能などを強化し、モノづくりの全行程において3D CADデータの有効利用を促進する。

[MONOist]

 フォトロンは2020年2月7日、3D CADソフトウェアの最新バージョン「図脳CAD3D V2」を発売した。価格は80万円で、別途保守サポートへの加入代として15万円/1年(いずれも税別)が必要となる。

 同社は、設計で作成した3D CADデータが製造現場で有効利用されていない問題を解消するため、2017年に「図脳CAD3D」を発売。最新版のV2では、意匠設計機能とサーフェスモデリング機能を強化した。これにより、モノづくりの上流工程である構想段階で、3D CADデータの活用促進が見込まれる。

キャプション プログラム起動時のスプラッシュ画面(左)と操作画面(右)(クリックで拡大) 出典:フォトロン

 意匠設計機能として、手書きスケッチの輪郭をトレースしながら3D CADデータを作成できる下絵画像の取り込み機能、CGソフトなどデザイン用途で使われるNURBS曲線や曲面の作成、編集機能を搭載する。NURBS要素と設計用途で使用されるスプライン要素の相互変換も可能で、モノづくり上流でのデータ断絶を解消する。他に、曲率表示やゼブラマッピングといった曲線、曲面の評価機能を追加した。

キャプション 下絵画像の取り込み機能(クリックで拡大) 出典:フォトロン
キャプション 意匠設計のイメージ(クリックで拡大) 出典:フォトロン

 3Dモデリングカーネル「CGM Core Modeler」を採用しており、ハイエンドCAD「CATIA V5」「CATIA V6」のネイティブデータを取り扱うことができる。CATIAの他に、「SOLIDWORKS」「NX」「PTC Creo」「Inventor」などの主要な3D CADソフトウェア、NURBSモデラー「Rhinoceros」のネイティブデータの読み込みにも標準機能で対応する。

 さらに、操作履歴や拘束条件に捉われず、マウスを使って3D形状を直感的に編集、修正できる「ダイレクトモデリング」手法を採用。例えば、解析部門で3D CADデータの不要な部分を削除し、データ容量を軽量化して解析用モデルを作成できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.