まとめ
» 2020年02月26日 12時00分 公開

電子ブックレット(組み込み開発):東芝の脊髄反射型アナログAIチップ/インテルのAI全方位戦略

MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2019年10〜12月に公開した人工知能関係のニュースをまとめた「人工知能ニュースまとめ(2019年10〜12月)」をお送りする。

[MONOist]

MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2019年10〜12月に公開した人工知能関係のニュースをまとめた「人工知能ニュースまとめ(2019年10〜12月)」をお届けする。

人工知能ニュースまとめ(2019年10〜12月)

アイコン

 MONOistで、2019年10〜12月に公開した人工知能関係のニュースをまとめた。

 ルネサスのArmマイコンへの本格参入、技適対応したラズパイ4のベンチマークレポートなど合計19本の記事を収録している。

ダウンロードボタン

【主な収録記事】

  • 東芝が脊髄反射型アナログニューロンチップを開発、AI処理の応答速度は1μs以下
  • ディスクリートGPUまで手に入れたインテル、AI全方位戦略を強化
  • グーグルの量子超越性を静観する富士通、実用性重視のAI技術で2つの「世界初」
  • PFNがChainerの開発を終了しPyTorchへ移行、西川社長「非常に大きな決断」

・ブックレットは無料でお読みいただけますが、TechFactoryの利用登録および、メールマガジンの購読が必要です。
・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.