ニュース
» 2020年02月28日 07時30分 公開

組み込み開発ニュース:スマホアプリでeSIMサービスの利用手続きが完結 ソラコムが新サービス開始

ソラコムはiPhoneとiPad向けのeSIMデータ通信サービス「Soracom Mobile」を提供開始した。eSIMデータ通信サービスの利用手続きが専用アプリ上で全て完結する。

[池谷翼,MONOist]

 ソラコムは2020年2月21日、iPhoneとiPad向けのeSIM(組み込みSIM)データ通信サービス「Soracom Mobile」を提供開始した。これまで同社はパートナー事業者向けのeSIMデータ通信サービスを手掛けてきたが、今回のSoracom Mobileは海外旅行者や出張者を対象にしたコンシューマー向けサービスとして展開する。

スマートフォンアプリからeSIMデータ通信サービスに申し込める「Soracom Mobile」[クリックして拡大]出典:ソラコム スマートフォンアプリからeSIMデータ通信サービスに申し込める「Soracom Mobile」[クリックして拡大]出典:ソラコム

 ソラコム 代表取締役社長の玉川憲氏は「Soracom Mobileの最大の特徴は、eSIMデータ通信サービスを利用開始するまでの手続きが全てアプリ上で完結する点だ」と語る。

ソラコム 代表取締役社長の玉川憲氏 ソラコム 代表取締役社長の玉川憲氏

 従来のeSIMデータ通信サービスでは、利用者は通信事業者が発行したQRコードをスマートフォンなどの端末機器で読み取り、eSIMデータ通信の契約情報(プロファイル)を端末に書き込む作業が必要だった。一方、Soracom Mobileでは、eSIMデータ通信プランの購入からプロファイルのインストールまでの作業を、iPhoneなどにダウンロードしたiOSアプリから一気通貫で行える。購入したデータ通信プランの有効期限やデータ使用量などもアプリ上で確認可能だ。購入時の決済にはApple Payあるいはクレジットカードが利用できる。APN(接続先)の設定も不要化して「利用者の手間をできるだけ省くことで、eSIMデータ通信をスマートに利用開始できるようにした」(玉川氏)という。

 なお、プロファイルをインストールする仕組みについては、玉川氏は「Appleとの協業により実現することができた」と述べたものの、詳細は明らかにしなかった。

アプリ上でeSIMデータ通信サービスの利用手続きが完結する[クリックして拡大]出典:ソラコム アプリ上でeSIMデータ通信サービスの利用手続きが完結する[クリックして拡大]出典:ソラコム

 サービスの第1弾として、北米、欧州、オセアニア地域の合計42ヵ国で利用できるデータ通信プランを提供開始する。サービスの有効期限は申し込みから30日間。料金は、北米/オセアニアでは通信容量1GBで12.99米ドル(約1430円)、3GBで32.99米ドル、5GBで52.99米ドル、10GBで97.99米ドル。欧州では1GBで6.99米ドル(約770円)、3GBで15.99米ドル、5GBで23.99米ドル、10GBで42.99米ドルとなっている。

利用地域別のデータ通信料[クリックして拡大]出典:ソラコム 利用地域別のデータ通信料[クリックして拡大]出典:ソラコム

 玉川氏は今後の同社の取り組みについて「iOSアプリ上から直接プロファイルを書き込めるサービスは、現時点ではSoracom Mobileだけだ。eSIMの市場はまだまだ発展途上だが、大きな成長を遂げるタイミングが必ず来ると考えている。その時に備えて、当社はeSIMの技術開発における『ファーストペンギン』となるべく、これからも挑戦を続ける」と強調した。

Soracom Mobileの操作イメージ[クリックして拡大]出典:ソラコム Soracom Mobileの操作イメージ[クリックして拡大]出典:ソラコム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.