ニュース
» 2020年02月28日 08時30分 公開

国際物流総合展2020:ニトリも採用した自動物流倉庫、さらなる自動化に向けオカムラがAGVを開発中

オカムラは、「国際物流総合展2020 -INNOVATION EXPO-」において、物流向けのロボット製品を展示した。

[朴尚洙,MONOist]

 オカムラは、「国際物流総合展2020 -INNOVATION EXPO-」(2020年2月19〜21日、東京ビッグサイト)において、物流向けのロボット製品を展示した。

 同社はノルウェーAutoStoreが開発したロボットストレージシステム「オートストア」を国内向けに展開している。既にグローバルで400件以上の導入実績があり、国内もニトリの物流センターへの採用をきっかけに数十件以上が導入されている。

 オートストアの高さ数m以上にもなる物流倉庫の中は、格子状に組まれた「グリッド(Grid)」が張り巡らされており、各グリッドには専用コンテナである「ビン(Bin)」が高密度に格納されている。このグリッドの上面を何台ものロボットが走行しており、出庫するビンを吊り上げて、物流倉庫の外面に設置されている「ポート(Port)」に搬送する。作業者はポートから出庫したいビンを指定するだけでよく、その場で待っていれば自動で送り出されてくるという仕組みだ。

オカムラによる「オートストア」のデモ展示 オカムラによる「オートストア」のデモ展示(クリックで拡大)

 展示では、グリッド内の垂直方向にビンが数個格納できる小規模の構成でデモンストレーションを行った。また、より大容量の425mm深型ビンに対応する新型ロボット「BLACK LINE」も披露した。従来のロボット「RED LINE」の電源は鉛バッテリーで充電式だったが、BLACK LINEはリチウムイオン電池を採用するとともに交換式に変更している。このため24時間の稼働が可能になり、走行速度もRED LINEから33%向上の毎分240mを実現した。

新型ロボットの「BLACK LINE」大容量の425mm深型ビンに対応 新型ロボットの「BLACK LINE」(左)は、大容量の425mm深型ビンに対応する(右)(クリックで拡大)

 オカムラは、このオートストアと連動するロボット製品の提案も行った。オートストアは倉庫とポートの間で入出庫が自動化されているが、ポートから先の搬送については人手で作業する必要がある。そこで、ポートからの搬送を自動化するために独自開発したAGVが「ORV(Okamura Robot Vehicle)」だ。SLAM(Simultaneous localization and mapping)技術とAI(人工知能)により、カゴ車を自動認識し、自ら走行経路を割り出して障害物を避けながら搬送を行う。現在開発中で商品化時期は非公開だ。

オカムラが独自開発しているによる「ORV」 オカムラが独自開発しているによる「ORV」(クリックで拡大)

 また、物流倉庫で自動化が最も難しいといわれているピッキングについても、米国のRightHand Roboticsとの提携による、機械学習の活用でマスター登録不要のピースピッキングソリューション「Right Pick2」を展示していた。

「Right Pick2」のデモ 「Right Pick2」のデモ。吸着ハンドと3本指から構成されるグリッパーは、箱物から袋物までさまざまなモノの把持に対応する(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.