ニュース
» 2020年03月02日 13時00分 公開

メカ設計ニュース:製造装置のアルミフレーム筐体設計ソフトウェアを無料提供

ミスミグループ本社は、製造装置などに使用するアルミフレーム筐体の設計ソフトウェア「MISUMI FRAMES」の無料提供を開始した。独自開発した技術と機能により、設計から発注までの作業時間を最大90%削減する。

[MONOist]

 ミスミグループ本社は2020年2月12日、製造装置などに使用するアルミフレーム筐体の設計ソフトウェア「MISUMI FRAMES」の無料提供を開始した。独自開発した技術と機能により、従来のCADによる設計に比べ、設計から発注までの作業時間を最大90%削減する。

 設計用のCADソフトがなくても単体で利用可能で、複雑なアルミフレーム筐体をCAD未経験者でも簡単なマウス操作で設計し、発注まで完結できる。ダウンロードとインストールは、同社のECサイト「MISUMI-VONA」より無料でできる。

キャプション 「MISUMI FRAMES」の製作事例(クリックで拡大) 出典:ミスミグループ本社

 また、アルミフレームに加え、ナットやブラケットなどの締結部品、アクセサリーといった筐体設計に必要な同社製品をソフトウェア内に搭載する。これまで部品ごとに必要だったCADデータのダウンロード、インポートを不要にした。

 商品型番を設計に合わせて自動作成するため、設計変更に合わせて型番を変更する手間がない。工数を組立図面や部品表の自動作成によって削減し、型番の作成間違い、数量間違いといった作業ミスも防ぐ。

 設計完了後は、ソフト内で即時見積りし、同社のWebサイトと連携してそのまま発注できる。プラモデルのキットのように、各種部材を1つの商品型番にまとめて梱包するため、納品時の仕分け作業は必要ない。

キャプション 「MISUMI FRAMES」を使用した筐体設計フロー(クリックで拡大) 出典:ミスミグループ本社

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.