ニュース
» 2020年03月03日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:ローコード開発ツール評価用のリファレンスモデルの無償提供を開始

ローコード開発コミュニティは、ローコード開発ツールの導入を検討中の企業を対象に「ローコード開発リファレンスモデル」の無償提供を開始した。

[MONOist]

 ローコード開発コミュニティは2020年2月10日、ローコード開発ツールの導入を検討中の企業を対象とした「ローコード開発リファレンスモデル」の無償提供を開始した。

 提供される「リファレンスモデル」は、ツールベンダー各社が規定のシステム要件に沿って開発した、実際に動作するシステム。共通のシステム要件定義と、各ツールでの実装版で構成される。実装版のリアルな動作が見られるため、各ツールが持つ特性や方向性をより確認しやすくなる。

キャプション ローコード開発リファレンスモデルのイメージ図 出典:ローコード開発コミュニティ

 システム要件定義として最初に採用されたのは、顧客が指定する記念日に花束を届ける通販事業において、廃棄数量を最小に抑えつつも欠品のない最適解を求める「花束問題」だ。高度な在庫管理を実行するためのデータモデルがまとめられている。

 同コミュニティは、モデリングおよびローコード開発ツールを軸としたアジャイル開発方法論の提供を検討しており、アジャイル開発において実効性のあるデファクトスタンダードを確立すべく取り組んでいく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.