ニュース
» 2020年03月05日 07時00分 公開

FAニュース:三菱重工工作機械、モニタリングシステムを全ての工作機械に標準搭載

三菱重工工作機械は、刷新したモニタリングシステム「DIASCOPE」を、4月以降に販売する全ての工作機械に標準搭載する。データの収集、解析をエッジとクラウドサーバで分散して処理することにより、迅速で高効率のモニタリングが可能になる。

[MONOist]

 三菱重工工作機械は2020年2月10日、モニタリングシステム「DIASCOPE(ディアスコープ)」を、同年4月以降に販売する全ての工作機械に標準搭載すると発表した。

これまでにも、同社はDIASCOPEの名称でモニタリングシステムを提供してきたが、システム内容を全面的に刷新して、全ての大形工作機械、歯車工作機械、超精密加工機に標準搭載する。

 刷新したのはデータの取り扱いで、各種データの収集や解析はインターネット通信を介して遠隔地にあるクラウドサーバで処理し、工作機械のセンサーや測定器などからのデータ収集は、近くのエッジサーバで分散処理する仕組みにした。そのため、迅速で効率の良いモニタリングができる。

 DIASCOPEの搭載により、ユーザーには各種モニタリングサービスが提供される。

 リモートモニタリングは、工作機械にトラブルが発生した場合、自動で同社サポートセンターにアラート通知する。迅速な復旧作業が可能になるため、機械のダウンタイムを削減する。

 稼働モニタリングは、アラームや加工完了など機械停止情報を含めた機械の稼働情報をPCやスマートフォンから24時間リアルタイムで確認できる。稼働実績の分析結果も表示するため、稼働率改善に役立てられる。

キャプション 工作機械のモニタリングシステム「DIASCOPE」のイメージ図(クリックで拡大) 出典:三菱重工工作機械

 DIASCOPE搭載と併せて、顧客との「メンテナンスサポート契約」も刷新。定期的なメンテナンス工事により、設備の安定稼働を保証し、顧客のライフサイクルコストを改善する。また、従来の1年契約以外にも、ロングプランやクイックプランなどを用意し、機械が安定して稼働するようサポートしていく。同社では今後、こういった機械のハード面での保守に加えて、人材育成などソフト面の顧客支援も予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.