ニュース
» 2020年03月10日 15時00分 公開

医療機器ニュース:針刺し跡が白化し、改ざん防止や完全性を証明する検知フィルム

共同印刷は、包装の完全性や使用状態を分かりやすく示す「針刺し検知フィルム」を開発した。力が加わった部分だけが白化するため、医薬品などの内容物に影響を与えることなく、改ざん防止や完全性の証明、使用履歴の確認ができる。

[MONOist]

 共同印刷は2020年2月20日、包装の完全性や使用状態を分かりやすく示す「針刺し検知フィルム」を発表した。医薬品などの内容物に影響を与えることなく、改ざん防止や完全性の証明、使用履歴の確認ができる。

キャプション 「針刺し検知フィルム」の使用イメージ 出典:共同印刷

 針刺し検知フィルムは、針を刺すなど外部からの力が加わった際に、その部分が白化して、目視ですぐに確認できる。外からの力を受けた部分だけが白化するので、内容物に影響を与えることはない。また、一度ついた跡は半永久的に残る。

キャプション 針を刺した後の容器のふた。左:「針刺し検知フィルム」なし、右:「針刺し検知フィルム」あり 出典:共同印刷

 同フィルムは、ヒートシールやレトルト滅菌ができ、汎用フィルム、共同印刷製の高機能フィルムとの積層も可能だ。ホールキャップバイアル瓶のタンパーシールなど容器のふたや、医療器具、医薬品の包装袋などに活用できる。

キャプション 「針刺し検知フィルム」を使用した包装袋(イメージ) 出典:共同印刷

 共同印刷はこれまで、医薬品や精密機器業界へ向けて、さまざまな高機能フィルムを販売してきた。針刺し検知フィルムは、「製品改ざんリスクを減らしたい」という顧客の要望に応えて開発した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.