ニュース
» 2020年03月11日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:DMLSプリンタ対応のソフトウェア開発企業を買収

シーメンスは、直接金属レーザー焼結プリンタ対応のソフトウェアを開発する、Atlas 3Dを買収する契約を締結した。買収により、アディティブマニュファクチャリングのポートフォリオを拡張していく。

[MONOist]

 Siemens(シーメンス)は2020年2月28日(現地時間)、直接金属レーザー焼結法(DMLS)プリンタ対応のソフトウェアを開発する、Atlas 3Dを買収する契約を締結したと発表した。Atlas 3DはSiemens Digital Industries Software(シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア)の傘下に入り、Xceleratorポートフォリオのアディティブマニュファクチャリング(AM)機能を拡張していく。

 Atlas 3Dは、AMの設計エンジニアに最適なプリンティング方向と追加パーツの必要なサポート構造をほぼリアルタイムで自動的に提供するDMLSプリンタ対応ソフトウェアを開発している。買収手続きは2019年11月に完了し、買収条件は開示していない。

 シーメンスは、Atlas 3DのソリューションをオンラインプラットフォームのAdditive Manufacturing Networkを介して提供していく。

 熱ひずみ解析技術を活用し、容易に部品の造形方向の最適化とサポート構造の作成を自動的に実行するAtlas 3DのSunataソフトウェアにより、設計者は解析担当者に頼ることなくシミュレーションを実行。Simcenterソフトウェアに頼らざるを得ない解析作業を軽減して、設計要件を満たす部品を製造できる。

 Sunataソフトウェアは、グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)とコンピュータプロセッシングユニット(CPU)を採用したGPUアクセラレーションコンピューティングにより、深層学習、アナリティクス、エンジニアリングアプリケーションなどの処理負荷の高い演算も容易に処理できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.