ニュース
» 2020年03月12日 08時00分 公開

人工知能ニュース:Jetson Nanoの専用キャリアボードを発表、「AIoT」の普及目指す

Aetinaは、NVIDIAの組み込みAIモジュール「Jetson Nano」向け専用キャリアボード「AN110」を発表した。大きさは87×67mmで消費電力は5〜10Wと、小型で低消費電力のAIコンピューティングプラットフォームを提供する。

[MONOist]

 Aetinaは2020年2月14日(現地時間)、NVIDIAの組み込みAIモジュール「Jetson Nano」向け専用キャリアボード「AN110」を発表した。小型で低消費電力のAI(人工知能)コンピューティングプラットフォームを提供する。

photo キャプション,Nvidia Jetson Nanoモジュール向け専用キャリアボード「AN110」(クリックで拡大) 出典:Aetina

 AN110は、演算性能472GFLOPSのJetson Nanoと統合することで、さまざまなGPGPUソリューションを提供できるキャリアボードだ。HDMI Type A、ギガビットイーサネット用RJ-45、2個のUSB3.2 Gen1 Type-A、5個のGPIOなど各種インタフェースを備える。さらに、MIPI CSI-2のカメラモジュールに対応し、4KまたはFHDカメラを接続できる。

 大きさは87×67mmで、動作温度範囲は−40〜85℃、消費電力は5〜10Wだ。スペースに制約があるシステムや過酷な環境でも対応できる。

 現在のエッジデバイスはインテリジェントな目的の性能を発揮することが重要になっており、AIとIoT(モノのインターネット)を組み合わせた「AIoT」への注目が高まっている。ロボット工学、ドローン、UAV、工業検査、医療用画像処理、深層学習におけるマシンビジョンをはじめ、AIoTアプリケーションの開発を支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.