ニュース
» 2020年03月19日 08時00分 公開

ドローン:2020年のドローン世界市場は1.6兆円、2025年まで年平均8.3%で成長

矢野経済研究所が、世界のドローン市場の調査結果を発表した。2018年のドローン世界市場規模は軍用と民生の両需要を合計すると約1.6兆円で、2020〜2025年の年平均成長率を8.3%と予測している。

[MONOist]

 矢野経済研究所は2020年2月20日、世界のドローン市場の調査結果を発表した。軍用および民生用ドローン、ドローンシステムについて、現況や将来展望を示している。

 2018年のドローン世界市場規模は、軍用需要と民生需要を合わせて約1.6兆円。同研究所では、2020〜2025年の年平均成長率(CAGR)を8.3%と予測している。なお、民生需要は産業用や個人のホビー向け機体、機体を活用した商用サービスを対象としている。

キャプション ドローンの世界市場規模予測(クリックで拡大) 出典:矢野経済研究所

 軍需用ドローンは、2020〜2025年までのCAGRが4.1%と予測される。これに対し、民間ドローン機体(産業用、個人用)は同11.7%、ドローン機体を活用した商用サービスは同15.5%と見込まれる。

 ドローン機体を活用した商用サービスとしては、社会インフラ保全を目的とした点検や災害時の状況把握といった用途が増えており、特に点検、検査分野が大きく伸びている。

 今後最も成長が期待される分野は、輸送、配送サービス分野だ。現状はほぼゼロの状態だが、主要先進国においてドローンを用いた輸送、配送サービスの許認可が進むとみられ、2020〜2025年の同分野のCAGRは29.7%と予測される。

 一方で、成長が最も低いと予測されるのが測量、マッピング分野だ。既に土木測量ではドローンが活用されており、利用は引き続き拡大するとみられるが、高精度な測量や3Dマッピングは活用範囲が限定されると予想される。そのため、同研究所では、同分野の2020〜2025年までのCAGRを10.7%と見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.