ニュース
» 2020年03月25日 09時00分 公開

製造ITニュース:AIの精度や稼働状況をモニタリングする維持管理ツールを提供開始

ウイングアーク1stは、AIの精度や稼働状況をモニタリングする維持管理ツールの提供を開始した。グリッドのAI開発プラットフォーム「ReNom」上で開発して稼働するAIに対して、実行結果や解析精度をモニタリングする。

[MONOist]

 ウイングアーク1stは2020年3月3日、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、グリッドと共同で、AI(人工知能)の精度や稼働状況をモニタリングする維持管理ツールの提供を開始した。

 製造業や流通業では、さまざまな用途でAIの利用が進んでいるが、業務データや環境などの変化によって導入後に解析精度が低下するケースがある。今回提供を開始した維持管理ツールは、グリッドのAI開発プラットフォーム「ReNom」上で開発して稼働するAIに対して、実行結果や解析精度をモニタリングする。

キャプション モニタリング画面のイメージ(クリックで拡大) 出典:ウイングアーク1st

 解析精度などをモニタリングし、スコアリングや再学習を推奨することで、AIの結果の可視化および維持管理を効率化できる。また、精度低下の要因となっているデータの選出や、インフラと連携して再学習に必要なコンピュータリソースを提供することも可能だ。

 ReNomに加え、データ可視化のためにウイングアーク1stのBIダッシュボードツール「MotionBoard」を活用する。CTCは、インフラ環境として、AIハイブリッドクラウド「CTC Integrated AI Platform Stack」を提供する。併せて、設定や既存システムとの連携などのシステムインテグレーションを担う。

 同社は、製造業を中心に、ReNomやインフラ環境を含めて展開し、1年間で10社への販売を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.