ニュース
» 2020年03月26日 09時00分 公開

製造ITニュース:食品製造業向け原価管理ソリューションで、レシピや経費情報を取り込み可能に

富士通九州システムズは、食品製造業向け原価管理ソリューション「QsConnect原価」の機能を強化した。外部システムとの連携が可能になり、レシピ情報、生産実績情報、経費情報の取り込みができるようになった。

[MONOist]

 富士通九州システムズは2020年3月4日、食品製造業向け原価管理ソリューション「QsConnect原価」の機能を強化し、同月より販売を開始すると発表した。外部システムとの連携が可能になり、原価計算業務の効率化を支援する。

 QsConnect原価は、中堅食品製造業向けのソリューションで、生産管理システムを導入しなくても、標準原価計算および実際原価計算ができる。生産計画に基づく所要量計算によって発注業務を効率化したり、原価シミュレーション機能を用いて製品の利益を改善することもできる。

 今回の機能強化では、外部システムとの連携を強化した。生産管理システムを導入している場合は、生産管理側のレシピマスターや生産実績の取り込みができるようになった。また、会計システムから経費データも取り込め、二重入力や入力ミスの発生を低減できる。

キャプション 「QsConnect原価」運用イメージ(クリックで拡大) 出典:富士通九州システムズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.