ニュース
» 2020年03月26日 06時00分 公開

エコカー技術:トヨタとFCV、VW傘下のTRATONとは一括企画、日野の商用車電動化に動き

日野自動車とトヨタ自動車は2020年3月23日、燃料電池(FC)大型トラックを共同開発すると発表した。今後、走行実証などを通じて実用化に向けた取り組みを進める。国内での商用車のCO▽▽2▽▽排出量のうち、大型トラックが6割を占めている。大型トラックの環境性能向上は走行中のCO▽▽2▽▽排出量削減に不可欠だ。

[齊藤由希,MONOist]

 日野自動車とトヨタ自動車は2020年3月23日、燃料電池(FC)大型トラックを共同開発すると発表した。今後、走行実証などを通じて実用化に向けた取り組みを進める。国内での商用車のCO2排出量のうち、大型トラックが6割を占めている。大型トラックの環境性能向上は走行中のCO2排出量削減に不可欠だ。

 日野自動車の大型トラック「プロフィア」をベースとし、1回の水素充填で600kmの走行を目指す。シャシーは燃料電池車(FCV)向けにパッケージングを専用設計し、軽量化によって十分な積載量を確保する。パワートレインにはトヨタ自動車のFCV「ミライ」の次期モデルで採用されるFCスタック2基を搭載。日野自動車の大型車向けのハイブリッド技術を車両の走行制御に応用する。

トヨタ自動車と共同開発する燃料電池大型トラック(クリックして拡大) 出典:日野自動車

 ミライの次期モデルは、2020年末に日米欧などで発売予定で、FCシステムを一新することが公表されている。FCシステムの刷新と水素搭載量の拡大により、走行距離を従来モデル比で30%伸ばすという。

 FCV以外の電動商用車開発も動き出した。日野自動車は2020年3月24日、Volkswagenグループの商用車ブランドを統括するTRATONと具体的な協業を開始し、商用車向けの電動プラットフォームと電動化コンポーネントの一括企画を共同で推進すると発表した。電動プラットフォームは、小型から大型までトラックやバスに幅広く適用する。日野自動車は強みのある小型商用車から、TRATONは得意とする大型商用車から製品開発に電動プラットフォームを取り入れる。プラットフォームとコンポーネントの共用や開発の分担を進めることで、効率的かつ迅速に技術開発を進める。

 日野自動車とTRATONは、乗用車がメインの親会社の下では物流や旅客輸送の課題解決が難しく、商用車メーカー同士の協力の余地が大きいと判断し、2018年に資本提携を含まない協業を開始。部品調達の合弁会社の設立や、電動化技術の共同開発などが具体的な協業として挙がっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.