「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2020年03月27日 06時00分 公開

製造マネジメントニュース:NTTがゼンリンに45億円出資、2020年度から構築する「高度地理空間情報データベース」向け

NTTとゼンリンは2020年3月26日、資本業務提携を結び、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)の活用に向けた地図の高度化に取り組むと発表した。NTTはゼンリンが実施する自己株式の第三者割当を引き受けることにより、45億6960万円を出資する。ゼンリンに対するNTTの出資比率は7.32%となる。

[齊藤由希,MONOist]

 NTTとゼンリンは2020年3月26日、資本業務提携を結び、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)の活用に向けた地図の高度化に取り組むと発表した。NTTはゼンリンが実施する自己株式の第三者割当を引き受けることにより、45億6960万円を出資する。ゼンリンに対するNTTの出資比率は7.32%となる。

 ゼンリンは、2020年度からNTTと構築する「高度地理空間情報データベース」に関するハードウェアの取得、ソフトウェアの開発、データベース整備費用に調達した資金を充てる。NTTグループの高精度位置測位技術、高精度な地図の整備、インフラ維持管理のノウハウと、ゼンリンのさまざまな収集情報を含む地図制作ノウハウを組み合わせることで、高精度で豊富な意味情報(※)を持つ地理空間情報データベースを構築する。まずは日本国内を対象に同データベースの情報、データを整備する。

(※)地理空間情報の構成要素に対して、利用や参照に適した内容に最適化された属性情報などのこと。

 これにより、NTTが構想する「4Dデジタル基盤」の実現につなげるとともに、インフラ管理、MaaS(Mobility-as-a-Service、自動車を所有せずサービスとして利用すること)や自動運転、スマートシティなどの分野での両社のビジネス拡大を目指す。

 4Dデジタル基盤は、ヒトやモノ、コトのセンシングデータをリアルタイムに高精度空間情報に統合し、さまざまな産業との横断的なデータ融合や、未来の予測を可能にすることを目指す取り組み。2021年度以降に機能を順次実用化する目標だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.