ニュース
» 2020年03月30日 06時00分 公開

医療機器ニュース:ボッシュが新型コロナの高速検査機、インフル含む呼吸器疾患も同時診断

Robert Bosch(ボッシュ)は2020年3月26日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けの高速検査機を発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 Robert Bosch(ボッシュ)は2020年3月26日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けの高速検査機を発表した。同年4月からドイツで販売を開始し、その後欧州など他の市場でも販売する。この検査機は6週間で開発したとしている。

簡単に操作できる検査機を開発した(クリックして拡大) 出典:ボッシュ

 患者の鼻や喉から綿棒で採取したサンプルを使い、COVID-19だけでなくインフルエンザなど9種類の呼吸器疾患の検査を同時に行うことができる。研究室における試験では95%の精度を達成しており、従来の検査方法よりも短時間で2.5時間未満での診断が可能だという。ボッシュの検査はプロセスコントロールを含むサンプル調製の組み合わせに基づいており、マルチプレックスPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)と、COVID-19の同定を可能にするμアレイ検出を採用している。

 ボッシュグループのボッシュヘルスケアソリューションズと、ランドックスラボラトリーズと共同で全自動分子診断テストを開発した。テストは世界保健機関(WHO)の要件を満たすという。数分間で結果が出る他社のテストは抗体を検出するだけであり関連するウィルスを実際に検出するものではないため、WHOは奨励していないという。

 特別なトレーニングを受けていない医療関係者でもテストを行えるのも特徴で、綿棒でサンプルを採取した後、検査に必要な試薬が入ったカートリッジにサンプルを添付して装置に挿入すると分析が始まる。カートリッジは患者1人に1つ使用する。ボッシュの検査機は24時間で最大10件の検査が可能で、キャパシティを超えた検査を行っている現場の負担軽減に貢献する。

検査機100台で1日に1000件の検査が行えるとし、現場の負担軽減に貢献する(クリックして拡大) 出典:ボッシュ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.