ニュース
» 2020年04月01日 07時00分 公開

工場ニュース:電動車用駆動モーターやインバーター一体機の生産力増強、約51億円の投資

明電舎は、電動車用駆動モーター、インバーター一体機の生産設備を増強するため、約51億円を投資すると発表した。新工場建設と設備導入により、同社名古屋事業所の現行ラインと新規設備を合わせた生産能力は年間34万台となる。

[MONOist]

 明電舎は2020年2月28日、電動車用駆動モーター、インバーター一体機の生産設備を増強すると発表した。投資金額は約51億円で、同社名古屋事業所内において新工場の建設と設備導入を実施する。

 新工場建設と新生産ラインの構築は、今後見込まれる電動車用駆動モーター、インバーター一体機の受注増大に対応するため。これにより、名古屋事業所の現行生産ラインと新規設備を合わせた年間生産能力は34万台となり、今後も市場拡大に合わせてさらなる投資を検討する。

 新工場の延べ床面積は5229m2。着工は2020年8月、稼働開始は2021年12月を予定している。

 環境保護のための規制が世界規模で強化される中、同社は、需要拡大が見込まれるEV(電気自動車)事業を成長事業と位置付けている。そのため、同事業に対し2018年7月に国内で約70億円の設備投資を、2019年5月には中国のEV生産子会社に41億円を増資している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.