ニュース
» 2020年04月02日 14時00分 公開

ウェアラブルニュース:ヒアラブルデバイスによるグループ通話ソリューションを物流拠点に導入

リコーは、BONXが開発し、リコーがビジネス向け展開を進めるヒアラブルコミュニケーションデバイス「BONX Grip」およびクラウドサービス「BONX for BUSINESS」をコクヨロジテムが導入し、全国の物流拠点での運用を開始したと発表した。

[MONOist]
キャプション ヒアラブルコミュニケーションデバイス「BONX Grip」 出典:リコー

 リコーは2020年3月9日、BONXが開発し、リコーがビジネス向け展開を進めるヒアラブルコミュニケーションデバイス「BONX Grip」およびクラウドサービス「BONX for BUSINESS」をコクヨロジテムが導入したと発表した。同日より全国の物流拠点で運用を開始している。

 BONX for BUSINESSは、スマートフォンのインターネット接続を介したVoIP(Voice over Internet Protocol)によるクラウドベースのグループ通話ソリューション。BONX GripおよびBONX for BUSINESSを用いることで、最大30人にハンズフリーで一斉連絡できる。

 コクヨロジテムは、BONX Gripを納品や引越業務、倉庫内の事務所および現場間のスタッフ向けに活用する。組み立てや納品、構内作業の各現場においては、複数のフロアや納品現場、搬入作業での作業担当者間で、製品の保管や物流を担う配送拠点では、構内作業と物流管理の各現場間でコミュニケーションツールとして用いられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.