VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2020年04月03日 13時00分 公開

VRニュース:施工や保守で3Dデータの活用促進、MRデバイスの取り扱い開始

SB C&Sは、MicrosoftのMRデバイス「HoloLens 2」の取り扱いを開始した。ホロラボと共同開発した可視化ソリューション「mixpace」とともに、施工、保守などにおいて3Dデータの活用を促進する。

[MONOist]

 SB C&Sは2020年3月24日、MicrosoftのMR(複合現実)デバイス「HoloLens 2」の取り扱いを開始した。価格は38万3800円(税別)だ。

 HoloLens 2は、3Dグラフィックなどで作られた映像や画像(ホログラム)を、現実世界に重ね合わせて表示し、目の前に実物があるかのように見たり、動かしたりできる技術MR対応のMicrosoft第2世代ヘッドマウントディスプレイだ。SB C&Sは同月、ホロラボと共同開発した可視化ソリューション「mixpace(ミクスペース)」のHoloLens 2対応版を発売している。

キャプション MRデバイス「HoloLens 2」(クリックで拡大) 出典:SB C&S

 HoloLens 2は初代機より視野角が広く、直感的なUI操作による3Dモデルの操作性が向上。また、デバイス前後の重量バランスの改善により装着時の快適性が向上し、グラス部分のフリップアップも可能だ。Windows 10を搭載し、携帯電話やパソコンなどと接続は不要でワイヤレスで使用できる。

 ホログラムは拡大、縮小、回転、移動などの操作が可能で、また複数デバイスで同じ空間を共有できることから、製造、建築、教育、医療などさまざまな業種で活用されはじめている。

キャプション (左)フリップアップが可能、(右)装着時の快適性が向上(クリックで拡大) 出典:SB C&S

 mixpaceは、3D CAD、BIMで作成した設計データをユーザー専用Webページにアップロードするだけで、AR(拡張現実)、MR対応デバイス向けの3Dモデルに自動変換できる。最短1〜2分で変換可能で、ARおよびMR開発の専用技術がない人でも簡単に利用でき、施工、保守などにおいて3Dデータの活用を促進する。

キャプション 「mixpace」を活用した作業の様子(クリックで拡大) 出典:SB C&S

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.