ニュース
» 2020年04月03日 08時00分 公開

製造マネジメントニュース:自動車業界と物流業界の経済的損失が深刻化か、新型コロナの影響予測レポート

ローランド・ベルガー(Roland Berger)は新型コロナウイルス感染症による経済的損失の予測レポートを公開。自動車業界と物流業界への影響が特に甚大になるという。

[池谷翼,MONOist]

 ドイツのコンサルティング企業であるローランド・ベルガー(Roland Berger)は2020年3月12日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大が及ぼす経済的影響についての予測レポートを公開した。同レポートでは新型コロナウイルス感染症が新たな経済危機の引き金になる可能性があると警告し、自動車や機械など業界別に経済的損失を予測している。

 分析対象となった業界は「自動車」「機械」「物流」「製薬」の4つだ。レポートでは、これらのうち自動車と物流の2つについて経済的損失が大きくなると予測する。

 自動車業界は2019年時点で既に業界全体が低成長に直面していたため、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が追い打ちとなり、深刻な経済的損失が発生する可能性が高い。

 万が一、新型コロナウイルス感染症の影響が2021年まで続いて世界経済のリセッション(景気後退)が発生する場合、2020年の業界全体の粗付加価値(GVA)は事前予測よりも10.6%減少する可能性がある。2020年末で感染拡大が終息する場合でも、2.4%の減少が見込まれる。レポートは、特に2020年上半期は自動車の部品不足やサプライチェーンへの影響により、粗付加価値は著しく低下すると予測する。

自動車業界は新型コロナウイルス感染症の感染拡大による損失が最も大きいと予測される[クリックして拡大]出典:ローランド・ベルガー 自動車業界は新型コロナウイルス感染症の感染拡大による損失が最も大きいと予測される[クリックして拡大]出典:ローランド・ベルガー

 物流業界は商流の変動がサービスの需要に直結するため、リセッション発生時は、2020年の粗付加価値は事前予測から6.1%減少する可能性がある。また世界主要地域のロックダウンが加速すれば、さらに損失が深刻化する恐れもある。

物流業界は新型コロナウイルス感染症による商流の変化の影響を直接的に受けやすい[クリックして拡大]出典:ローランド・ベルガー 物流業界は新型コロナウイルス感染症による商流の変化の影響を直接的に受けやすい[クリックして拡大]出典:ローランド・ベルガー

 また機械業界においては、中国工場の閉鎖に伴って製品の供給量が減少する上、自動車業界の業績低迷により機械製品の需要が低下することから、2020年の粗付加価値は事前予測から4.0%減少すると見込まれる。

機械業界は自動車業界からの需要減が業績に響く可能性[クリックして拡大]出典:ローランド・ベルガー 機械業界は自動車業界からの需要減が業績に響く可能性[クリックして拡大]出典:ローランド・ベルガー

 一方で製薬業界においては、サプライチェーン自体は大きな影響を受ける上、消費の手控えからOTC医薬品(家庭用医薬品など)の売り上げが減少するものの、手堅い需要が持続的に見込まれる。このことからレポートでは、リセッション発生時でも粗付加価値は事前予測から2.3%低下する程度にとどまると予測する。

製薬業界は新型コロナウイルス感染症による商流の変化の影響を直接的に受けやすい[クリックして拡大]出典:ローランド・ベルガー 物流業界は新型コロナウイルス感染症による商流の変化の影響を直接的に受けやすい[クリックして拡大]出典:ローランド・ベルガー

 なお、上記の予測は3月12日時点での情報に基づいたものであることに注意されたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.