ニュース
» 2020年04月04日 14時00分 公開

組み込み採用事例:ガラスパレット向けに開発したIoT位置管理システムの運用を開始

AGCは、ガラス輸送に用いられるガラスパレット向けのIoT位置管理システム「パレットIoTシステム」を独自に開発し、国内で本格的に運用を開始した。物流担当者が、リアルタイムでパレットの位置や動きを把握できる。

[MONOist]

 AGCは2020年3月2日、ガラス輸送に用いるガラスパレット向けのIoT(モノのインターネット)位置管理システム「パレットIoTシステム」を開発し、国内で本格運用を開始した。

キャプション ガラス輸送に使用されるパレット 出典:AGC
キャプション パレットに取り付けられた「物流トラッカー」 出典:AGC

 パレットIoTシステムは、アルプスアルパイン製の物流資材管理用IoTモジュール「物流トラッカー」が送信する情報を地図上に一覧表示することで、各パレットの位置情報や移動履歴、滞留情報などを可視化するもの。物流担当者が、リアルタイムでパレットの位置や動きを把握できるようになる。

 同システムの導入により、パレット紛失の半減によるコストの削減、パレットの位置、在庫、滞留情報を輸送計画に反映させることによる輸送効率の向上、輸送効率化による輸送時のCO2排出量の1〜5%削減などを目指す。

 同社は、運用開始時点では大型パレット約1400台をパレットIoTシステムの対象としており、今後は対象製品を拡充する。併せて、ヨーロッパやアジア地域への導入を進め、2022年までに対象となるパレットを3万台に増加させる計画を明らかにしている。

キャプション 左:パレットの所在地を種類ごとに表示、右:パレットの輸送動線と滞留履歴を表示 出典:AGC

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.