ニュース
» 2020年04月07日 07時00分 公開

FAニュース:深層学習によるばら積みピッキングソフトウェア、市販のカメラとセンサーだけで

RUTILEAは、深層学習を用いたばら積みピッキングソフトウェアを開発し、オープンソースとして公開した。FA用ソフトウェア「SDTest」と組み合わせることで、外観検査工程を省人化できる。

[MONOist]

 RUTILEAは2020年3月9日、AI(人工知能)、深層学習を用いたばら積みピッキングソフトウェアを開発し、オープンソースとして公開した。同社のFA用ソフトウェア「SDTest」と組み合わせると、自動で搬送から外観検査まで対応。外観検査工程を省人化できる。

 同ソフトウェアは、従来、高精度な3次元カメラを使用しないとできなかったばら積みピッキングを、市販のカメラと距離センサーのみで自動でピッキングできる。

 また、SDTestと組み合わせ、ハードウェア面で「DOBOT Magician」などの協働ロボットアームや照明などを組み合わせることにより、ばら積み状態からのピッキング、撮影、外観検査を自動化できる。

キャプション ばら積みピッキングソフトウェアのイメージ(クリックで拡大) 出典:RUTILEA

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.