ニュース
» 2020年04月08日 06時30分 公開

工場ニュース:日本製鉄が新型コロナで東西2高炉を一時休止、2日間の一時帰休も実施

日本製鉄は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による大幅な鉄鋼需要の減少に対応するため、高炉のバンキング(送風停止による再稼働が可能な状態での休止)を実施すると発表した。

[朴尚洙,MONOist]

 日本製鉄は2020年4月7日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による大幅な鉄鋼需要の減少に対応するため、高炉のバンキング(送風停止による再稼働が可能な状態での休止)を実施すると発表した。東日本製鉄所鹿島地区(茨城県鹿嶋市)の第1高炉では同年4月中旬以降、関西製鉄所和歌山地区(和歌山県和歌山市)の第1高炉では4月下旬以降、実行準備でき次第バンキングを実施する。

 またコークス炉については、高炉の出銑量の低下に合わせ、これまで実施してきた稼働率の大幅な引き下げに加えて、東日本製鉄所の鹿島地区と君津地区(千葉県君津市)、関西製鉄所和歌山地区のコークス炉の一部について生産調整休止を実施する。

 この他、雇用維持に資する施策の一環として、2020年4月から国内の各事業所において、1人当たり月2日程度の規模で臨時休業(いわゆる一時帰休)を実施する方針だ。

 同社はCOVID-19の感染拡大以前から続く鉄鋼需要の減少に対応するため、高炉出銑比引き下げや、休風時間延長などによる減産対応を行っていた。また、2020年2月には、子会社の減損などによる4900億円の損失を計上するとともに、高炉休止を含めた生産設備構造対策を発表していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.