ニュース
» 2020年04月10日 06時00分 公開

車両デザイン:空飛ぶクルマ用シート、ミズノのシューズ技術「ウエーブプレート」で衝撃緩衝

ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン(JSSJ)とミズノ、CARTIVATOR、SkyDriveは2020年4月7日、空飛ぶクルマ(電動垂直離着陸型無操縦者航空機)向けに軽量で衝撃緩衝装置を備えた乗員用シートを開発し、性能確認試験を開始したと発表した。

[齊藤由希,MONOist]
開発中のシート(クリックして拡大) 出典:ミズノ

 ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン(JSSJ)とミズノ、CARTIVATOR、SkyDriveは2020年4月7日、空飛ぶクルマ(電動垂直離着陸型無操縦者航空機)向けに軽量で衝撃緩衝装置を備えた乗員用シートを開発し、性能確認試験を開始したと発表した。

 空飛ぶクルマの乗員用シートは、非常着陸時に乗員を保護する衝撃緩衝機能を持たせる必要がある。航空機レベルのシートは既製品の入手が難しく、空飛ぶクルマでの使用が想定されていないことから、新たに開発した。

 開発中のシートはCARTIVATOR、SkyDriveが2023年に実用化を目指す空飛ぶクルマに向けたものだ。JSSJは、シートベルトやエアバッグなど自動車の安全部品のノウハウを、ミズノはシューズのクッション性と安定性を両立する独自の波型プレート「ミズノウエーブ」の技術を提供した。

ミズノウエーブを応用した衝撃緩衝装置(左)。ミズノウエーブを採用したシューズ(右)(クリックして拡大) 出典:ミズノ

 ミズノウエーブは、材料物性ではなく、ウエーブプレートの波長や振幅など形状を調整することで狙った特性を持たせられる特徴を持つ。要求されるエネルギー吸収量や許容される荷重量を決めると、それに応じた形状を決めることで性能を満たす。これにより開発機関の短縮が図れるという。また、ウエーブプレートはクッション性と安定性といった相反する機能を両立することができるため、一般的な衝撃緩衝装置から構成要素を省略することが可能になり、軽量化を図りやすいとしている。

 性能確認試験では、自動車のシートベルトやエアバッグの試験で衝突状態を模擬する場合に用いるスレッド試験機を使用した。試験の結果、ミズノウエーブは設計通りの性能を発揮できることを確認。また、一般的な航空機用シートよりも乗員の腰椎の負担をかなり低く抑えられる可能性があることも分かったという。

スレッド試験機を使った性能確認試験の様子(クリックして拡大) 出典:ミズノ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.