ニュース
» 2020年04月13日 08時00分 公開

IoTセキュリティ:IoT機器のセキュリティ事故を個別に補償、サイバートラストが新保険提供

サイバートラストはIoT機器向けのセキュリティ保険を「セキュア IoT プラットフォーム」に組み込み2020年夏から提供開始する。国際標準規格に準拠した技術的運用が評価され保険付帯が実現した。

[池谷翼,MONOist]

 サイバートラストは2020年4月9日、IoT(モノのインターネット)機器のセキュアなライフサイクル管理を実現する「セキュア IoT プラットフォーム(SIOTP)」にIoT機器のサイバーリスク保険を新しく組み込み、同年夏に提供開始する。このサイバーリスク保険は、IoT機器に組み込まれたICチップに起因するセキュリティ事故を補償するもので、東京海上日動火災保険がSIOTP専用に提供する。現在SIOTPを使っているユーザーは追加費用不要で自動的に保険サービスを利用できるようになる。

 SIOTPは電子証明書の発行からICチップへの組み込み、認証情報の管理、電子証明書の失効と機器の廃棄までのIoT機器のライフサイクル全般をセキュアに管理できるプラットフォームだ。IoTデバイスの製造段階で同プラットフォームの機能を組み込むことで、管理対象のインターネット上にあるデバイスの実在性を保証し、また暗号化による機密性の確保や電子署名による改ざん防止や完全性などを一括で実現する。

 従来、IoT機器に保険を付帯することは困難だとされていた。しかしサイバートラストがこれまで実施してきた、産業制御システムセキュリティの国際規格である「IEC62443-4-2」などいくつかの国際標準規格に準拠した技術的運用と安全性維持の取り組みが評価され、これによってSIOTPに対応したセキュアエレメントとSIOTPサービスを組み合わせた運用機器にサイバーリスク保険が付帯可能になったという。

 なお現時点でSIOTPに対応しているIoT機器向けICチップは、東芝デバイス&ストレージ製のルートオブトラスト対応マイコン、パナソニック セミコンダクターソリューションズ製の多機能セキュアIC、テキサス・インスツルメンツ(Texas Instruments)製のICチップの3種類だ。

 サイバートラストは「IoT機器メーカーが抱えるリスクを補償し、安心かつ安全にIoT機器の開発、提供に努められるよう支援するとともに、IoT全体のサイバーセキュリティ対策の強化と安全性と信頼の担保を実現していく」とコメントを出している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.