ニュース
» 2020年04月13日 14時00分 公開

車載ソフトウェア:自動車関連ソフトウェアテスト向けシラバスの日本語版を公開

JSTQBは、自動車関連向け「CTFL Automotive Software Testerシラバス」の日本語翻訳版を公開した。自動車関連ソフトウェアのテストに関する知識を集約したもので、テストで考慮すべき点や、各種標準規格、XiLテスト環境の解説が記載されている。

[MONOist]

 JSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board)は2020年3月17日、自動車関連向け「CTFL Automotive Software Testerシラバス」の日本語翻訳版を公開した。

 JSTQBは、日本におけるソフトウェアテスト技術者資格認定の運営組織。同シラバスは、JSTQBが発行している全てのテストを対象としたFoundation Levelシラバスをベースに、自動車関連ソフトウェアのテストに関する知識を集約したものだ。

 具体的には、各種標準規格であるAutomotive SPICE、ISO 26262、AUTOSARについての解説や、ソフトウェアテストで考慮すべき点、XiLテスト環境の解説が記載されている。

 また、各種標準規格に準拠したテストやXiLテスト環境において必要となる、自動車関連ソフトウェア独自のテスト技法についても補足されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.