ニュース
» 2020年04月16日 06時30分 公開

3Dプリンタニュース:アディダスが3Dプリンタでフェイスシールドの製造支援、新型コロナ対策で

アディダスは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策支援の一環として、3DプリンタメーカーのCarbonと協力し、3Dプリント技術を活用した医療用フェイスシールドの製造を開始したことを発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 スポーツ用品メーカー大手のAdidas(アディダス)は2020年4月13日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策支援の一環として、3DプリンタメーカーのCarbon(カーボン)と協力し、3Dプリント技術を活用した医療用フェイスシールドの製造を開始したことを発表した。

 この取り組みのために両社は特別なチームを発足し、医療器具が不足する米国内の医療機関や救急隊員などのために、フェイスシールドの提供を行う。

Carbonと協力し、3Dプリンタで医療用フェイスシールドの製造を開始したAdidas Carbonと協力し、3Dプリンタで医療用フェイスシールドの製造を開始したAdidas ※出典:Carbon/Adidas [クリックで拡大]

 フェイスシールドのフレーム部を3Dプリンタで製造。素材は、Carbonの3Dプリント技術を活用することで、独自の格子(ラティス)形状を複雑に重ね合わせたミッドソールを実現し、“3Dプリンタ製シューズ”として話題となったAdidasのランニングシューズ「Futurecraft 4D」と同じポリウレタンエラストマーを使用する。同素材は伸縮性に優れ、破れにくく、快適な装着性を実現し、消毒処理などを行うことで再利用が可能である。

フレーム部(1)フレーム部(2) 3Dプリントされたフェイスシールドのフレーム部を見てみると、無数のストラット(柱)で構成されるラティス構造を採用していることが分かる ※出典:Carbon/Adidas [クリックで拡大]

 今回のAdidasの協力と、3Dプリンタを活用した短納期生産を通じて、Carbonの生産能力は飛躍的に向上し、1週間で製造できるフェイスシールドの数が1万8000個から5万個以上にスケールアップできたという。

大量生産(1)大量生産(2) Adidasと協力によりCarbonの生産能力は飛躍的に向上 ※出典:Carbon/Adidas [クリックで拡大]

 さらに、この取り組みを拡大するため、Carbonは同社のグローバルネットワークを通じて、フェイスシールドの設計データを共有。Carbonの3Dプリンタと素材が利用できる環境を持っていれば、世界中どこからでも同一のフェイスシールドの製造が行えるとしている。

 なお、Carbon自身もCOVID-19対策支援の取り組みを開始しており、フェイスシールドや検査キット用スワブの製造支援などに着手している。

⇒ 特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」公開中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.