ニュース
» 2020年04月16日 14時00分 公開

組み込み開発ニュース:さまざまな産業で利用可能な産業用LTEゲートウェイの開発を開始

アムニモは、産業用LTEゲートウェイ「Edge Gateway」の開発を開始した。各種産業で利用できるLTE通信機能を搭載し、特に監視カメラ用途に最適化された設計を目指す。産業用IoTの課題を解決する「デバイスマネージメントシステム」も開発する。

[MONOist]

 アムニモは2020年3月23日、産業用LTEゲートウェイ「Edge Gateway」の開発開始について発表した。

 Edge Gatewayには、さまざまな産業で利用できるLTE通信機能を搭載。特に、監視カメラ用途に最適化された設計を目指して開発する。

 また、動作温度範囲や動作電源電圧範囲が広く、ノイズや瞬間的な停電に強い電源回路を備える予定で、2GBのRAMや32GBのプログラム保存領域(eMMC)を標準搭載する。最大2TBのSSD(Solid State Drive)の搭載も可能なため、大容量の映像データを保存できる。

 さらに、PoE(Power over Ethernet)対応機器に給電できる機能を搭載し、最大4台のIPカメラをPoEハブなしで直接接続する。通信モジュールは、SIMカード2種とeSIM2種の合計4種類の異なるキャリアのSIMが装着できる。

キャプション 「Edge Gateway」を用いた監視カメラシステムの構成例(クリックで拡大) 出典:アムニモ

 同社は、産業用IoT(モノのインターネット)の運用上の課題を解決する「デバイスマネージメントシステム」の開発にも着手した。産業用IoTデバイスの初期設定をはじめ、遠隔によるファームウェアや設定内容の更新、設置場所の管理、設備の稼働状況監視、運用時のログ収集、トラブル時の問題解析、交換時の設定引き継ぎなどをクラウドで実行するサービスとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.