ニュース
» 2020年04月17日 09時00分 公開

製造IT導入事例:三井金属鉱業がスマートファクトリー化プロジェクトを開始、SAPソリューションで

三井金属鉱業は、銅箔事業の生産工場を効率化するため、「SAP Cloud Platform」などのSAPジャパンのソリューションを活用した「スマートファクトリープロジェクト」を2019年12月末から稼働開始した。

[MONOist]

 三井金属鉱業は2020年3月25日、銅箔事業の生産工場を効率化するため、「SAP Cloud Platform」などのSAPジャパンのソリューションを活用した「スマートファクトリープロジェクト」が、2019年12月末より稼働開始したと発表した。

 今回の取り組みは、三井金属鉱業の主力事業の1つである銅箔製品の生産管理において、これまで熟練社員が行っていた計画立案、加工、検査、出荷作業を、工場運営業務の視点から高度化、効率化、自動化、可視化することを目的としている。

 三井金属鉱業では、SAP Cloud Platformおよび「SAP Leonardo」などのソリューションを導入し、それを基にシステムを開発。従来は技術習得に10年必要だった製品検査処理や加工処理を、画像解析および機械学習によって自動化した。また、受注データから製造データ、検査データまでのシームレスな連携により、製品品質の高度化および歩留まりの向上を実現した。

キャプション SAPシステムの構成(クリックで拡大) 出典:三井金属鉱業

 同プロジェクトは、SAPジャパンが主催する「SAP AWARD OF EXCELLENCE 2020」の「Technology Disruptor Category」を受賞した。本格稼働は2020年5月頃を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.