ニュース
» 2020年04月17日 08時00分 公開

工場ニュース:新型コロナで不足する消毒用アルコール、サントリーが医療機関に供給

サントリーは同社グループ製造の高濃度アルコールを手指消毒用アルコールとして医療機関向けに提供開始する。厚生労働省が通達した特例を受けた取り組みだ。

[池谷翼,MONOist]

 サントリーは2020年4月15日、同社グループでスピリッツ(蒸留酒)事業を手掛けるサントリースピリッツの大阪工場(大阪市港区)で蒸留した高濃度アルコールを、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い需給が逼迫(ひっぱく)している手指消毒用アルコールとして医療機関向けに同年4月下旬から提供すると発表した。アルコール製造にかかる費用は全てサントリーが負担する。

 厚生労働省は4月10日、日本国内の病院経営主体が加盟する日本病院会に向けて「新型コロナウイルス感染症の発生に伴う高濃度エタノール製品の使用について(改定)」と題した通達を出した。通達の中で同省は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて手指消毒用エタノールの需要が急増しており、医療機関や高齢者施設での製品の確保が困難となっている現状を指摘した上で「医療機関等において、やむを得ない場合に限り、高濃度エタノール製品を手指消毒用エタノールの代替品として用いることは差し支えない」(通達より引用)との立場を示していた。今回のサントリーの発表は、こうした政府の対応と医療業界の動向を踏まえて検討してきたものである。

 なお米国に拠点を置くサントリーの子会社ビームサントリーは、ケンタッキー州の生産拠点でアルコール消毒液を製造し、同州の救急隊員や医療関係者などに提供する取り組みを既に行っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.