ニュース
» 2020年04月17日 07時30分 公開

製造マネジメントニュース:東芝の新型コロナ対応は夏の五輪休暇を前倒し、4月20日から国内全拠点で休業へ

東芝は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を抑制することを目的に、同社グループの国内拠点について2020年4月20日からゴールデンウイーク最終日の5月6日まで休業する。本社や支店、営業所だけでなく製造拠点を含めて、約7万6000人に上る同社グループの全ての国内従業員が対象となる。

[朴尚洙,MONOist]

 東芝は2020年4月16日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を抑制することを目的に、同社グループの国内拠点について同年4月20日からゴールデンウイーク最終日の5月6日まで休業すると発表した。本社や支店、営業所だけでなく、小向事業所(川崎市幸区)、府中事業所(東京都府中市)、柏崎工場(新潟県柏崎市)、深谷事業所(埼玉県深谷市)、横浜事業所(神奈川県横浜市)、姫路工場(兵庫県姫路市)といった製造拠点を含めて、約7万6000人に上る同社グループの全ての国内従業員が対象となる。

 これまで営業日としていた4月20〜24、27、28日を休日に振り替えることで、4月の営業を4月17日までに変更する。5月の営業開始は、ゴールデンウイーク明けの5月7日を予定している。これらの振替休日は、もともと2020年7〜9月に開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックに合わせて設定していたものだ。このため、4月の営業日短縮による2020年度業績への影響はないという。

 東芝グループでは、傘下に東芝エネルギーシステムズや東芝エレベータなどの生活の基盤となる社会インフラ事業や社会活動の維持に必要な事業を展開している。今回の休業では、これらの供給責任や社会的責任を果たせるように、顧客との協議の上で、一層の感染リスク軽減策を講じて、必要な範囲で活動を継続するとしている。

 なお、東芝の府中事業所では、4月8〜12日にかけて従業員や請負業者のCOVID-19への感染が報告されている。従業員が勤務していたフロアを消毒するなどの対応で業務を継続する一方で、一部エリアについては4月17日までの閉鎖も行っている。

東芝グループの国内事業所におけるCOVID-19感染者の状況と対応 東芝グループの国内事業所におけるCOVID-19感染者の状況と対応(クリックで拡大) 出典:東芝

⇒特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」公開中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.