ニュース
» 2020年04月17日 14時00分 公開

組み込み採用事例:自動車向けのGNSSアンテナをドローンメーカーに提供

ヨコオは、主に自動車用途で採用されている同社のGNSSアンテナをドローンメーカーにも提供すると発表した。優れた耐環境性能と、低い信号をGPS受信機に伝えられるローノイズアンプを備える同アンテナにより、ドローンサービスの発展に貢献する。

[MONOist]

 ヨコオは2020年3月24日、主に自動車用途で採用されている同社のGNSS(Global Navigation Satellite System)アンテナを、ドローンメーカーにも提供すると発表した。

 同社のGNSSアンテナは、主にカーナビゲーションや車両緊急通報システムなどに用いられている。低い信号でもGPS受信機に伝えることができるローノイズアンプを搭載し、優れた耐環境性能で、気温の変化や天候の悪化に強いのが特徴だ。

キャプション ドローンメーカーに提供するGNSSアンテナ 出典:ヨコオ

 GNSSアンテナのサイズは30.4×35.5×12.5mmで、ケーブルとコネクターを除いた重量は25g。電源電圧は2.7〜5.5Vだ。

 受信周波数は、GPSが1575.42MHz+/−1.023MHz、EUのGalileoが1575.42MHz+/−2.0468MHz、ロシアのGLONASSが1597.807M〜1605.6305MHzとなっている。

 ドローンを用いた物流サービスなどの商用化に向けて、日本政府がルール実装を進めるなど、今後、ドローン市場は拡大が見込まれる。同社は高精度で耐環境性能に優れたGNSSアンテナを提供し、ドローンサービスの発展に貢献する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.