ニュース
» 2020年04月20日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:IoTで製造業を率いる人材育成を目的に「ファクトリーサイエンティスト協会」発足

由紀ホールディングス 代表取締役社長の大坪正人氏、Roland Bergerのグローバル共同代表兼日本法人 シニアパートナーの長島聡氏、慶應義塾大学環境情報学部 教授の田中浩也氏は2020年4月2日、日本のモノづくり産業をIoT(モノのインターネット)技術を用いてけん引する人材を育成するため「一般社団法人ファクトリーサイエンティスト協会」を設立したと発表した。

[MONOist]

 由紀ホールディングス 代表取締役社長の大坪正人氏、Roland Bergerのグローバル共同代表兼日本法人 シニアパートナーの長島聡氏、慶應義塾大学環境情報学部 教授の田中浩也氏らは2020年4月2日、日本のモノづくり産業をIoT(モノのインターネット)技術を用いてけん引する人材を育成するため「一般社団法人ファクトリーサイエンティスト協会」を設立したと発表した。

 同協会では、日本のモノづくり産業を支える中小企業においては、デジタル化による付加価値の捻出や競争力向上が重要だと認識している。そのため、「データエンジニアリング力」「データサイエンス力」「データマネジメント力」の3つの能力を兼ね備えた人材が今後の中小企業をけん引する人材だと考えている。こうした人材をファクトリーサイエンティストとして育成することで、日本の産業競争力向上を図る。

 具体的には、2020年度内に、以前から実施している座学での認定取得に加え、eラーニングや遠隔講座を立ち上げて、200人のファクトリーサイエンティストの認定を目指す。10年後には、4万人の認定を目標としている。

 認定制度の他にも、認定者同士のコミュニティーの運営、ケーススタディーの情報発信、書籍の出版、セミナーやシンポジウムの開催なども進める予定だ。協会の代表理事には大坪氏が、理事には田中氏、長島氏が着任する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.