ニュース
» 2020年04月20日 09時30分 公開

製造マネジメントニュース:VWが乗用車工場を順次再開、従業員の健康保護で100項目の対策も

Volkswagen(VW)は2020年4月15日(現地時間)、乗用車ブランドの生産拠点の稼働を順次再開すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 Volkswagen(VW)は2020年4月15日(現地時間)、乗用車ブランドの生産拠点の稼働を順次再開すると発表した。

 4月20日週から、ドイツ・ツヴィッカウとスロバキア・ブラチスラバの工場で生産を再開。4月27日週からはその他のドイツの生産拠点や、ポルトガル、スペイン、ロシア、米国にある工場が稼働する。また、5月中に南アフリカやアルゼンチン、ブラジルとメキシコで順次生産を再開する。

 フォルクスワーゲングループコンポーネントはまず、中国で生産する車両用の部品供給を確保するために、4月6日からドイツのブラウンシュバイクとカッセルの工場で段階的に生産を再開。続いて4月14日からドイツのザルツギッターやケムニッツ、ハノーバーのコンポーネント工場と、ポーランドの工場が稼働した。現在、VWでは中国の33カ所の生産拠点のうち32工場が生産を再開しており、中国での健康保護対策のノウハウを他地域の生産再開でも参考にしている。

 VWでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に合わせて社内の健康保護に関する新たな合意を結び、約100項目の対策によって、従業員の感染リスクを低く抑える。全ての工場で同等のレベルの健康保護対策を適用する。

 健康保護対策は4フェーズあり、フェーズ1では最大限の予防策を適用し、フェーズ4では通常のオペレーションとなる。フェーズ1の下では、他者との距離を維持し、接触を最低限に抑えるなどのために手順が変更されるため、通常よりも生産が遅くなる。フェーズの移行は会社と従業員協議会の合意の上で決定する。

 健康保護対策には、距離と衛生に関するルールが含まれる。具体的には、他者と1.5m以上の距離を保てない場所ではマスクなど保護具を着用する他、定期的な清掃、不特定多数との接触を避けるためのシフト制、毎日の検温などがある。また、最適化された手順を確実に実行するため、90以上のテーマで手順の変更が行われる。

 VW 従業員協議会 会長のベルント・オスターロー氏は「新しく導入された手順などにより、従業員の間で疑問や戸惑いが発生するだろう。これまでそのような条件下で車両を開発、生産、販売したことがない。そのため、従業員が新しい手順を完全に理解するよう、マネジャーに求めている。現在は、日々の生産台数よりも従業員の質問に答えることに時間をかける方が重要だ」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.