ニュース
» 2020年04月21日 08時00分 公開

製造ITニュース:溶接作業の技能レベルをデータで見える化、日立建機が新計測技術を開発

日立建機は溶接技能者の技量を定量的データで可視化する新たな計測技術を開発した。同計測技術を活用した新たな訓練システム開発に向けた実証実験も実施する予定。

[池谷翼,MONOist]

 日立建機は2020年4月20日、溶接技能者の技量を定量的データで可視化するための新たな計測技術を開発したと発表した。また同計測技術を基にして、効果的な技能教育を行う訓練システムの開発を目的とした実証実験を同年4月から実施する予定だ。

 従来、日立建機グループにおける溶接作業の技能教育では、若手技能者は教官である熟練技能者の作業をまねる訓練を積み重ねて溶接技能を習得していた。この過程で、教官は若手技能者が作業した溶接部を見て個別にアドバイスを行う。しかし溶接作業は技能者の経験や感覚に左右される側面が大きく、アドバイスを通じて習得できる技能に個人差が生じやすいという課題があった。

日立建機は溶接技能者の技量を見える化する計測技術を開発した[クリックして拡大]出典:日立建機 日立建機は溶接技能者の技量を見える化する計測技術を開発した[クリックして拡大]出典:日立建機

 そこで日立建機は同社の親会社である日立製作所 研究開発グループと協力して、溶接の複雑で繊細な作業を定量データで可視化する計測技術を開発した。熟練技能者と若手技能者の溶接作業中の視線や溶接トーチを動かす速度、電流や電圧などの作業条件、溶接部の状態について、複数のカメラやモーションキャプチャーを用いて測定し、それぞれ定量データ化することに成功。データ収集には日立建機の土浦工場(茨城県土浦市)と常陸那珂臨港工場(茨城県ひたちなか市)に所属する熟練技能者と若手技能者が協力した。

 さらに日立建機は新たな計測技術をベースにして、溶接作業の新しい訓練システムを開発する方針だ。開発を進める上で同社がまず取り組むのが、溶接条件や動作に関する新たな社内基準の作成である。熟練技能者と若手技能者を対象に、溶接時の動作や作業条件を計測し、溶接の仕上がりや品質との相関関係を解析する。その結果を基に、日立建機の品質基準を満たすために必要となる溶接条件や動作を求め、新たな基準として定める。

新たな基準の作成イメージ[クリックして拡大]出典:日立建機 新たな基準の作成イメージ[クリックして拡大]出典:日立建機

 その後、若手作業の溶接作業の技量を可視化し、新たに定めた基準との比較が行える訓練システムの開発を目指す。若手技能者にとっては自身の技量を視覚的、かつ、定量的に把握できるようになるため、基準と比較した際の自身の課題点が理解しやすくなり、溶接技能が効果的に習得可能になるというメリットがある。また教官もデータに基づいた指導が可能になるため、溶接作業の技能レベルに個人差が生じる事態を防げる。

訓練システムの活用イメージ[クリックして拡大]出典:日立建機 訓練システムの活用イメージ[クリックして拡大]出典:日立建機

 日立建機は今後の展開として「海外を含む各製造拠点での技能訓練カリキュラムに開発予定の訓練システムを取り入れ、人財育成の充実を図る。また、今後は技能訓練だけでなく、製造業の現場で計測したさまざまなビッグデータを日立グループの『Lumada』で解析し、製造品質の維持や改善、生産性の向上に役立てたい」とコメントした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.