ニュース
» 2020年04月22日 11時00分 公開

メカ設計ニュース:3Dモデルで図面上の情報を配信、3D Web配信ソリューションの最新版を発売

ラティス・テクノロジーは、タブレット上で3Dモデルの断面と寸法表示ができる、Web配信ソリューションの最新版「XVL Web3D Manager Ver.4.2」を発売した。3Dモデルで図面上の情報を配信するため、図面レスを支援する。

[MONOist]

 ラティス・テクノロジーは2020年4月15日、タブレット端末上で3Dモデルの断面と寸法表示ができる、Web配信ソリューションの最新版「XVL Web3D Manager Ver.4.2」を発売した。最新版では、3Dモデルで図面上の情報を配信するため、図面レスを支援する。価格は1200万円から(初期コンサル料金込み)で、有償サービスを展開する場合は別途年間利用料が必要となる。

 XVL Web3D Managerは、製造現場のXVLデータから3Dサービスドキュメントや3D組み立て図を生成し、関係部署、取引先などがWebブラウザで閲覧できる。専用のビューワソフトが不要で、閲覧環境にかかわらず利用が可能だ。

 最新版では、タブレット端末などのWebブラウザ上で、大規模な3Dモデルによる組立図や3Dアニメーションによる組立手順書を配信可能になった。また、同社独自のサーバー技術を搭載。サーバー側の曲面データを参照し、他社ソフトでは難しいタブレット上での高精度な断面表示や寸法の確認ができる。

キャプション Web配信ソリューション「XVL Web3D Manager」イメージ(クリックで拡大) 出典:ラティス・テクノロジー

 現場作業者は、Webブラウザ上でリアルタイムに3Dモデルの確認箇所の断面を閲覧できる。部品間の距離も高精度に計測可能で、試作時の問い合わせ件数や確認時間の削減につながる。設計者の事前準備工数も大幅に削減する。

 Webブラウザ上で作業手順を3Dアニメーションにより確認できるため、不慣れな作業員や外国人労働者も手順を理解しやすい。3Dの組立手順書は、生産準備の垂直立ち上げにも貢献する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.