ニュース
» 2020年04月24日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:日立製作所、北米インダストリー事業強化のため統括会社を設立

日立製作所は、北米地域のインダストリー事業強化を目指し、同事業の北米地域統括会社「Hitachi Industrial Holdings Americas, Inc.」を設立した。

[MONOist]

 日立製作所(日立)は2020年4月1日、北米地域のインダストリー事業強化を目指し、同事業の北米地域統括会社「Hitachi Industrial Holdings Americas, Inc.」を発足したと発表した。

 新会社の傘下には、空気圧縮機事業を手掛けるSullair、ロボットSI事業を手掛けるJR Automation Technologiesを置き、日立のインダストリーセクターとして北米地域での一体運営を行う。

 北米地域では、製造や流通市場で高い成長率が見込まれ、かつデジタル技術の導入が進んでいる。日立は、2017年7月にSullairを、2019年12月にJR Automation Technologiesを買収するなど、北米地域での事業展開を加速させてきた。

 新会社は、これら2社に加えて、マーキングやドライブシステムなどの産業プロダクト事業を含めた、北米地域のインダストリー事業全体の戦略立案および司令塔としての役割を担う。

 これにより、北米地域における産業、流通分野の市場変化やニーズの多様化に素早く対応していく。また、同地域の日立グループとも連携することで、現場から経営までをつなぐトータルソリューションを提供可能な事業基盤を構築し、顧客の経営および事業全体の価値向上に貢献したいとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.