ニュース
» 2020年04月23日 07時30分 公開

工場ニュース:アイリスオーヤマがマスク国内生産をさらに増強、不織布も生産し月2.3億枚へ

アイリスオーヤマは2020年4月22日、6月に稼働予定の宮城県角田工場(宮城県角田市)のマスク生産能力を7月から月1億5000万枚規模に増強すると発表した。

[MONOist]

 アイリスオーヤマは2020年4月22日、6月に稼働予定の宮城県角田工場(宮城県角田市)のマスク生産能力を7月から月1億5000万枚規模に増強すると発表した。

 アイリスオーヤマでは日本政府からの要請を受け当初は中国生産のみだった不織布マスクの生産を国内でも実施することを3月31日に発表(※)。宮城県角田市の角田工場の一部を改修して6月からマスクを生産する計画を示していた。

(※)関連記事:アイリスオーヤマがマスクの国内生産開始、月6000万枚の増産で1億4000万枚体制へ

 今回は日本政府のさらなる要請を受けたことから政府の「国内投資促進事業費補助金」を活用することで、設備投資をさらに拡大し、稼働当初の月6000万枚から月1億5千万枚まで生産能力を拡張する。

 加えて、マスクの重要資材である不織布(メルトブロー、スパンボンド)の中国における価格高騰による影響も考慮し、同工場内にこれらの資材製造設備も新たに導入する。これにより、内製化率を高め、中国一国に依存する供給体制を見直す。今回の国内マスク生産設備の増強により、中国の大連工場、蘇州工場の2拠点の工場と合わせて日本国内に月2億3千万枚のマスクを供給できる体制を構築する。今回の一連の投資総額は30億円で、関連する新規雇用人数は100人だとしている。

≫特集「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.